ジョン・
パク



ジョン・パクは韓国で生まれ、アメリカロサンゼルスのUCLAとアートセンターカレッジ・オブ・デザインで勉強した。彼は東洋と西洋の市場原理を組み合わせることができる能力と才能に関して国際的な名声を得た。幅広い知識と学問素養を基づいてナレーションと画像が引っ張っていく東洋と西洋の伝統を結合させたユニークで印象的な広告、ドキュメンタリー、短編作品などを制作してきた。彼は一般人と俳優の両方がドキュメンタリーや脚本で演出された制作物で簡単に演技を広げることができるように配慮することができる数少ない監督だ。したがって、彼の作品は強力なビジュアルテクニックを持ちながらも感性的と優雅である。


彼はカンヌ、ジャワンショー、LIA、ニューヨークフェスティバル、アドフェスト、スパイクアジアなど全世界有数の授賞式で受賞した経歴を持っている。彼が演出したサムスン電子の「見るというのは何だろう?」広告は彼にスパイクアジアからグランプリを抱かせ、彼の国際的な名声はさらに高まった。彼の最近の作品である現代自動車の「宇宙に向けたメッセージ」は2015年YouTubeで2番目を記録した自動車広告がされ、国際的に大きな話題になった。最近ソウルでアディトメディアピルムズを設立し監督として活動している彼は、韓国が生んだ国際的な演出家として活動領域を徐々に広げている。




経 歴

────────
2000 フリーランサー監督
2005 米国のダンシングトウの監督
2007 韓国のカスタムメッセージの監督
2010 韓国のアディクトフィルムズの監督
2012 ザ・スウィートショップ(国際)、アップルボックス(東南アジア)の監督
2014 フランスのクアドの監督


学 歴

────────
2000 UCLA ビジュアル・コミュニケーション、メディアデザイン学事
2000 UCLA 哲学学事
2002 パサデナアートセンターオブデザイン映像学学事